マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆきさくらではありがとうございました!

ゆきさくら第四章では皆さまどうもありがとうございました!
…って、挨拶が遅くなって申し訳ありません。
仕事の作画とネタ出し期間がもろ被りでテンパってます。
戦闘アクションゲームしながら作画って無理がありすぎる。
高速で作画上げてからゲームに…とか出来るくらい作画が早くなりたい。
では、そんな状態ですので再び潜ります!



以下拍手お返事(折り畳んであります)

>綾歌様

お久し振りです。新刊のご購入&感想どうもありがとうございますvv龍之介に対してはどうも、どうにかして幸せにしたい・なってもらいたい・なった姿を描きたい…と思ってしまうんです。そのシーンでは自分でも描きながら、結構平助目線でした。なので、そう言って頂けて嬉しいですv作者冥利につきますvvv綾歌さんの作品からも龍之介にささやかな幸せを感じてもらいたいという気持ちが伝わってきて、あたたかさをもらうと共に時々ほろりとせられます。やっぱり彼には、そういう幸せを知ってほしいですよね!血縁というのは仰る通り、あれば色々面倒もありますが、何があっても赤の他人にはなりきれない…という意味でも、寄る辺として支えにはなるものだと思います。特に龍之介と平助は母親以外は誰もいなかった訳ですし。いざという時…平助が死んだ後でも千鶴や子供達が頼れる・頼りやすい先があるのは平助にとって安心材料になりますし、龍之介のほうから見ても援助しやすい理由になるなと。あああ、こんなところで語り入れてすみません!(汗)冬コミ、いらっしゃるんですねv今から楽しみですワクワクですvvよし、早く仕事終えて冬コミ原稿やらないと!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。