マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津行ってきました!

突然ですが会津に行ってきました。

鶴ヶ城

証拠写真的意味合いの鶴ヶ城。
折角、総赤瓦になってるのに曇ってたので写真だとよく分からない…。
蒲生氏郷時代は黒壁だったそうです。
大坂城もそうですが、黒壁の城って凄く格好いいのに、一つも現存してないのが残念無念。

市内では会津新選組資料館や土方さんが逗留した宿跡、近藤さんや斉藤さんのお墓参りに飯盛山という、新選組+白虎隊な定番歴女コースを巡りました。
資料館の立ち寄りノートに『薄桜鬼大好き~v』的な、きゃいきゃいした書きこや落書きが多くて苦笑。
皆!薄桜鬼萌えから訪れていても、史実資料から伝わる悲惨で苛烈な現実にもちゃんと目を向けようぜ!
…でないと、同じ薄桜鬼スキーとしてちょっと恥ずかしいんだぜ(汗)
とか思ってたんですが、その黄色い声に応えるようにお土産コーナーには薄桜鬼のグッズが…商魂たくましい!

新滝

宿は東山温泉の新滝です。
ここは宇都宮城の攻防戦で負傷した土方さんが療養していたという湯治場候補の内、一番具体的な逸話などが伝わっているところ。以下旅行雑誌から抜粋。

説明書き

説明書き

これが猿の湯入口。

猿の湯

143年の時を越えて土方さんと同じ場所で同じ(ところから湧いている)湯に入っている…というのがとても感慨深かったです。薄桜鬼で萌え心に火がついたのは確かですが、ずっと以前から史実土方さんが好きだったので。『キャーv』となるよりは、しみじみと感じ入ってました。
…ただ、この猿の湯から川に飛び込んだっていう逸話が伝わってるので「怪我してんのに何やってんの土方さん!(笑)」と、含み笑いも禁じえませんでしたが(笑)

土方さん壁画

この宿、向かいの足湯が閉鎖中なので気をつけてみないと分かりませんが、土方さんの壁画が書いてあったりします(笑)
そばも田楽も、てんぷらまんじゅうやそばソフト等の甘いものも、食べ物はどれも驚きの美味しさで、観光客の数が少ないせいもあるんでしょうが、おもてなしの心に溢れたところでした。会津いいとこ、一度はおいで~♪
…一度といわず、二度三度。
とりあえず飯盛山の麓にある資料館に入れなかった上に鶴ヶ城も駆け足だったんで、その内リベンジするつもりです。風評なんて吹き飛ばせ!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。