マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラCD買ってみた

黎明録のキャラクターCD、第一弾の芹沢&土方は険悪ムードな予感しかしなかったので(薄桜鬼のドラマCDの一番の味はおまぬけギャグか皆でわいわいネタだと信じて疑わない)、第二弾の沖田&井吹から買ってみました。

第三弾以降は出来をみてー…と思ったんですが、んむむむ…?これはどうなんだろう??
何か『ここが盛り上がりどころです!』っていうポイントが見えにくい上に、第一弾の展開を少し引きずりつつ、明らかに今後への布石だろうって展開(出てきたと思ったら用があるとか言って消えちゃった斎藤さんとか)もあるので、全部聴いて始めて一本の話になるのかなー…?という印象でした。
あ、勿論、この話だけでそれなりのオチはついてるんですが。
あー言われてみればそうだね、なるほどねー、と、言われるまで気づきもしなかった二人の共通点(生い立ち云々以外で)に妙に納得。

でも基本的には総司が龍之介を嬉々としていじめてるお話でした。
…で済んでしまうのがちょっと泣ける(笑)←笑ってんじゃねえか
もう少し、このCD買った人だけが聴ける二人の思わぬやりとり…みたいなのがあったらよかったのになー。思ったよりミニドラマの内容が長かったのは嬉しかったですがv
第三弾以降は…迷いますな。
黎明録ポータブル(しかも限定版)を買う気満々なので、とりあえず保留にしておこうかと思いますー。
…黎明録に幾らお金使ってるんだろう…(遠い目)。

ところで今更かもしれませんが、そろそろバレンタイン連作4コマを再開しようと思ってます。
予告しておかないとダラダラと引き延ばしてしまいそうなので追い込んでみた。
よーっし頑張るぞ!


以下拍手お返事(折り畳んであります)

>あまぐり様

うきゃー!(混乱)そんな、覚えているも何も、相変らず通わせて頂いております…!地獄のようなGWの忙しさの中でも、ネット繋ぐ度に覗いては萌え萌えさせて頂き、パワーを頂いておりましたvvvv最新作の歯がぶつかっちゃってる初々しい二人は身もだえものです…!そんな風に萌えパワーを頂いていますのに、今回は新刊に対する丁寧かつ熱い感想まで頂いてしまい、勿体なくて頭が上がりません…!本当にありがとうございます(平伏)vvv
タイトルはお察しの通り、最初にイメージしたのは龍之介なんですが、最終的には『結局、みんなおひとよしだよね!』とおう結論に至りました。黎明録の彼らは本編より尚一層おひとよしですよねv見ていて心配になるくらいに。
龍之介がいなくなることで、いじられネタやおかず奪取の被害は平助に集中するのは間違いないですが、雑用被害は山崎さんにいってしまっていると知ってちょっと驚きました。つまり龍之介は二人分の被害に加えて芹沢さんや総司の攻撃に耐え、展開によっては斎藤さんの鍛錬まで受けて…それで「筋肉痛だ~」とかくらいで済んでるんですから、実は物凄く尋常じゃなくタフなんじゃないでしょうか…?そう思うと凄いですよねv
龍之介の兵卒姿は『スチルがないのが惜しい…!』と悶えた結果の妄想の産物なんですが気に入って頂けて嬉しいですvv
あの展開だと沖斎ではなく、どうしても斎沖になってしまいますね(汗)。でも個人的にあの二人ならどっちがどっちでもいいとかこっそり思ってたりしますv(節操のない)
そして最後の話は、あの二人への思い入れをたっぷり盛り込んでいますので、同士(だと勝手に思っています)のかたに美味しく頂いて頂けて、とても嬉しいですvv山崎さんの甲斐甲斐しさは友人として、という思い以外に医術に通じるものとして、という使命感も+されているので余計に拍車がかかってるんだと思います。普通に起き上がれるようになれるまでの看病シーンとかも妄想しだすと止まりません(危険!危険!)vv美味ししですよね…!(曇りない目で)
こちらこそ、素敵な萌え作品をお待ち申しておりますvお身体に気をつけて頑張って下さいvv
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。