マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黎明録一週目後の叫び

以下バッドエンド絡みで、ネタバレ注意!という程のレベルではありませんが、流れの一部を示唆するような表現があります。「バッドエンドでも楽しみにしてるんだから、白紙の状態で見たい!一かけらの情報も不要!」という方は、このままお帰り下さいませ。
ちょっとくらいなら大丈夫!というかたはスクロールお願いします。

※ネタバレ防止スクロールにしてしまったので、申し訳ありませんが拍手のお返事はまた更に後日で…!すみません(土下座)

















どうせ死ぬならアンタに斬られたかったよ斎藤ーーーーっっ!!!

…以上、龍之介憑依状態の切なる叫びでした。


はい、一周目は見事にバッドエンドでした。
恋愛は、この人!と決めたらまっしぐらになればいいから非常に分かりやすいですが、龍之介みたいな曖昧な立場だと早い段階で「この人!」と決めた人を狙い撃ちv…なんて不自然極まりないですから。
気の向くままに自分が龍之介だったらこうするであろう(ちなみに乙女思考は一切シャットアウトして男思考で)選択肢を選んでいったら斎藤ルートバッドエンドでした。

まさに山南さんに忠告されていた通りの「無知なままで周りに振り回され流されていては、知らぬ間に窮地に追い込まれかねませんよ」な状態に陥って死んだという。流されてすみません。

ああでも、多分自分は死ぬんだろうなって思った時、どうせ死ぬなら斎藤に(普段は〃さん〃付けですが、龍之介脳で考えているので呼び方は龍之介仕様に準じてます)斬られたいな…って思いました。
斎藤さんにだったら斬られても本望ーvv的な乙女というかミーハー思考ではなくて、龍之介として真面目に。夜中だったののも手伝って(夜中は通常では考えられないテンションになりやすいものです)かなり本気で龍之介に入り込んでいたものですから。
斎藤さん、あの会話はぐっときたよ…!
あんな会話をすることが出来た相手なら、まだ斬られても納得いくよ…!
だから『自分を斬るのは斎藤じゃないんだ』って分かった時、つらかった…!

…今、思い返してみれば、入り込みすぎだろ!ってセルフ突っ込みも出来るんですが、…あの時は出来ませんでした。死んで意識が途絶えるまで思考が龍之介でしたね。
千鶴より感情移入しやす過ぎます龍之介。

今は仕切りなおしプレイ中です。
今度こそ斎藤ルートグッドエンドを見るぞ!と、思って始めた二周目ですが…あまりに自然に平助と仲良くなったので、その流れに逆らうのも不自然と思い、そのまま乗ってしまいました。また流されてるよ…って感じですが、あっちに流されこっちに流されたした挙句に、何の覚悟もなく斎藤ルートに突入した1周目とは違って、素直に平助の章に入ったので、今度は大丈夫そうです。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。