マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本旅行記①

熊本旅行記①
絶対長くなるので分割していきます。

まずは福岡からの移動です。移動代はケチりたかったので、特急ではなく天神からの大牟田線急行で行きます。
激しかった雨も過ぎ、本日は曇り。前日、雨で行けなかった福岡城もあわよくば周ろうと、朝はやる気に6時に起床して7時過ぎにはチェックアウト。事前に乗換案内で調べておいた一番早い電車より、更に30分早い出発のものに乗りました。
ですが!乗換駅の大牟田で降りて、切符売り場で熊本行きの時刻表を見たら…何と1分前に出たばかりではありませんか!ガーン…。
どうやら乗換時間的には1~2分しかなかったようです。ちなみに乗換駅の大牟田までの直通は一時間に2本で、大牟田から熊本まで行く電車も一時間に2本。この有様で、この乗換時間の間の悪さは一体…(汗)

という訳で仕方なく大牟田の駅で次の熊本行きを待つことにしました。
…軽く40分ほど(死)
つまり30分後に天神発の電車に乗ったのと熊本着は同じ時間になるという…実にやる気が空回りした結果と相成りました…アホか…?アホだ…。

そんなこんながありましたので、結局熊本に着いたのは10時半過ぎでした。3時間かかりましたよホ~ヤレホ~。
駅からは市電で移動です。
熊本城前という分かりやすい駅があるのですが、前日お隣のスペースのかたが偶然にも熊本在住の方で、そのかたから交通センターにしか売っていない清正のお菓子があるという情報を頂いていたので、熊本城が交通センターからでも十分徒歩圏内ということもあり、とりあえず交通センターで降りてみることにしました。
1階のおみやげ売り場をうっかりスルーして地下の名店街に迷い込んでしまい(とことん時間を浪費しています)、せっかくだからと見つけた店で、出来立て熱々のいきなりだんごを買って食べました。


いきなりだんご

いきなり来たお客様にもすぐ出せる、という意味で名づけられたといういきなりだんご。
芋をだんご生地で包んで蒸かしたお菓子です。
破弓は黒糖スキーなので黒糖。熱々でほこほこもっちりしてて美味しかったですーv
おみやげ売り場を確認して、熊本城に向かいました。

熊本城前清正像

やっと着きましたよー!清正公像がお出迎え♪

武者返し

中は思ったより広くて入り組んでて見応えありまくりです。
この石垣の角度が有名な武者返しですね。すさまじい急角度です。
ちなみにこの武者返し、重要な拠点にのみ備えられたものかと漠然と思ってたんですが、ありとあらゆる壁が全てこの急角度な造りになっていました。徹底してて凄すぎる。
余談ですが、この写真の場所、多分天地人の第一話で大坂城の城壁として使われたところですよね。笑いながら越後主従が歩いてたあのシーンです。『あの城壁の雄大さが、大坂城のイメージにピッタリだった』から、わざわざ熊本まで来て撮影したそうですが、あの武者返し(特に二様になってる部分)は熊本城特有の特徴なので、ちょっと城に詳しい人達の間では突っ込みどころ以外の何物でもなかったという…(苦笑)。

飯田丸五階櫓が再現されてて中が見られるようになっていました。
岩落としとか鉄砲狭間とか色々な仕掛けも再現されてて、近くに人いなかったのをいいことに(皆さん、天守閣や本丸御殿にはゾロゾロ集まって来てましたが、こういう外れの建物にはあまり興味が無いみたいですね。穴場?)膝着いて覗き込んだりしながら隅々まで堪能し尽くしましたvv

天守閣

天守閣です。でっかいです(←頭の悪い感想)。勇壮です。
彦根城の天守閣と違って、かなり下がっても全貌が映せません。どうやっても小天守が入りませんでした。ちえ。
中は展示室&一口城主の名札がズラリ。一口城主…もう少しやっててくれたらやったのになぁ…。
最上階は展望台になって熊本市内が見渡せるんですが、風が強すぎてゆっくり見てはいられませんでした。何か目に痛い…!と思ったら、係員のおいちゃんが「今日は黄砂がすごいからね~」って、豪雨の次は黄砂ですか…(汗)ヘビィだぜ(懐かしのソル風に)。


まだ全然序盤ですが、この先を語ろうとすると長くなりますのでまた後日!


以下拍手お返事


>篝様

今晩は。福岡は本当に雨が凄かったです。ですが月曜は全国的に雨の中、北九州は何とか曇り時々晴れの天気で持ちましたので、熊本旅行は無事に済んでラッキーでした♪博多といえばやっぱりラーメンは外せませんよねv天神駅周辺も個性的な商業施設が集まっていて面白いですよ!薄桜鬼やってらっしゃる途中なんですね!システム的にはサウンドノベルっぽいので、確かに遙かに慣れた身としてはもどかしく感じそうな気もしますが、以前やったラメントもそんなだったので、ゲームと思うより選択肢で物語の変わる小説だと思えば良さそうですね。そうですか、引き込まれますか…おおお気になる…!多分、遠くない未来には手を出してしまいそうな気がする今日この頃です。

>鈴澪様

雨のせいでかなりヘビィでもあったんですが、最終的には楽しさが勝ちましたのではしゃいだ内容になったと思われます(照)。博多行ったらとりあえずラーメンは基本ですよね!特にとんこつスキーなら絶対だと思われますvはい、薄桜鬼の軍服土方さんの絵はやばかったです。あまり見惚れすぎて、使いもしないグッズを買うところでした。危ない危ない。どうせなら画集で欲しいですね!(手に入れること自体は諦めてないらしいです)グッズで存在してますので、関連グッズで調べれば拝めると思いますよ♪

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。