マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD聴きました~!

師走の喧騒ですっかり忘れて(死)ましたが、戦国CDの二枚目もう出てたんですね~(遅!)。
早速、購入して聴きましたとも!
何か一部では腐女子狙いだって評判悪いとか聞きますが、別にとっくに腐ってるので問題はないです。(ないのか)ていうか三馬鹿が好きな人なら普通に聴ける内容ですよ。ただ、今回は確かに何かと清正と三成のツーショが露出多いんで(キャラクターズ真書の表紙とか)おのれCDまで狙ってやがるのか!とか思いたくなる人がいるのも分かりますけど。繰り返しますが、三馬鹿が好きなら普通に聴けます。
ていうか聴いておいたほうがいいというか。
何だ、普通に仲いいんじゃん…!みたいな。
三人の間の微妙な(?)な力関係というかベクトル方向が分かりますし。
秀吉の前で「俺が」「俺が」な三人が可愛すぎるじゃろ…!(悶絶)
また秀吉が褒め方うまいんだから!この人たらしめ!
正に父親に褒められたくて競い合ってる兄弟。
…幾つだよお前ら。
とかいうツッコミはしないでおきましょう(笑)。
その若さと未熟さ故の真っ直ぐさが三馬鹿のいいところでもあるのですし。

う~ん、後半の清正の三成に向けたモノローグはちょっとアレかな~…?とかも思ったんですが、
最後の台詞で全てが納得出来ました。
清正の章の欠けた部分がピッタリと収まったといいましょうか…
以下ネタバレを含むので「これから聴くんだからやめてよ!」というかたのために反転しておきます。


あの「帰って来い」って台詞ですよ…!
清正の章だけだと清正が本当に守りたかったのが何なのかは、考え方が分かれてしまうところだと思うんです。解釈によっては器守れれば人はどうでもいいようにも感じられますし、その守りたい家に三成は入ってなくてもいいわけ?みたいな感じにもなりますし。
私の解釈としては三成と袂を分かってしまったからこそ、離れ離れになってしまったからこそ殊更余計に「いつか帰ってこられるように」その指標としての家を守りたかった…んじゃないかと思って、冬コミ新刊の『俺たちの家』のラストの話を描いたんですが、あの台詞を聴く限り、この解釈で間違ってはいなかったようです。
よかった(二重の意味で)…!



…それにしても考え方が純真すぎて一途すぎて愚かすぎて眩しすぎて直視出来ません…。
どうやったらこんな人間が育つんですか。
秀吉様とおねね様の教育は偉大すぎていっそ罪深いほどです。

とりあえず聴いてよかったと思いました。
二本のミニドラマも何気にいい味出してました。一枚目みたいな単なる顔見せと賑やかし的なネタでなく、ちゃんと三軍師(両兵衛と元就)と長政&お市という自然な組み合わせでしたし。
やっぱり官兵衛は半兵衛に弱いんだな~とニヤニヤしつつ、何気にサボらせないよう先手を打ってるあたり、半兵衛の扱い方も心得てるようです。
ああもう半兵衛になって官兵衛困らせたい!(何だその欲求)そして困らせるつもりが逆にいなされちゃうんだ!(だから何だよその欲求は…)でも最後には付き合ってもらうんだ!(だから…以下略)

キャラソンは政宗と両兵衛でした。
政宗は…らしいといえばらしい。キャラソンらしい出来…っていうんでしょうか。
駄目じゃないんですけど聞き終わった後、耳に残らないんでちょっと微妙。

両兵衛はデュエットでした(笑)
あんなに声の高さ違うのに、不思議と合って聴こえるから不思議。
おのれ声まで相性がいいとは!(はいはい言ってなさい)
半兵衛の中の人、声よすぎ。
キャラソンにしては珍しく(基本、キャラソンどうでもいい派)リピートして聴きたくなります。

基本、満足な出来ですが、前作みたくサントラ部分がある訳でもなく、後はキャラソンの声なしやアレンジバージョンが入ってるだけという水増し感なので、ボリューム的には少なめですね。
もう一本くらいミニドラマ入れて欲しかったな!
北条家とかさ!

あ、そういえば宗茂の語りも入ってました(何だついでのように)。
彼のキャラはつかめそうでつかめない。つかめそうでつかめないっていうのがキャラなのかな。


以下拍手お返事

>saki≧≦様

ありがとうございます!今日は元就公をクリアしました。使いやすいキャラですが流石に一気にやりすぎて手が痛いです(アホか)。戦国3はWiiがないと出来ないっていうのがネックですよね。いつかやれる日がくるといいですね。

>篝様

あけましておめでとうございます。冬コミ惜しかったですね…!就活ですか、大変だとは思いますが、きっと終えた後に行ったイベントでは周りがみんな新刊だらけのパラダイスですよ!…という考えを励みに頑張って下さい!今年も頑張りますので合間にでも遊びに来て見て下さいませv


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。