マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殿にヒゲが生えました

昨日の天地人、兼続達に先んじて殿にヒゲが生えました。
景勝はいいな!貫禄ついた感じです。生えてても生えてなくてもいい!
北村一輝の芸風の広さに乾杯!
…兼続と三成は関ヶ原ギリギリまで生えなくていいですよ…。

今回は女の戦いがテーマだったようです。
男達と違って(笑)妙にリアルで怖い…!
おねね様はアレですか、嫉妬によって豊臣を内々から駄目にしていく役どころですか?
秀吉の渡海を諌めたのも嫉妬からってことになってますし。
そんな…!淀が悪女扱いされてないのは好感の持てるところなんですが、まさかその皺寄せがおねね様にいくなんて…!
前々から淀を見る目つきが怖いな~とは思ってましたが、今回は露骨なほどでしたね。
淀も悪気はないという演出ではありながら、いらんこと言い過ぎなんで無理もないかもですが。
それにしても、これじゃおねね様が魅力なさすぎです…。
年だってこの当時なら、本当はまだ四十前なのに…すっかり姑の如き役どころ…。あう。
やっぱり淀を持ち上げるための犠牲でしょうか。
女の戦いが陰湿でドロドロしがちなのは仕方ないですが、この流れだとこの先、益々おねね様が嫌な女と化していくのではないかと冷や冷やです。片方を持ち上げるために、もう片方を貶めるような真似はやめて~!

淀は存外、天然で無邪気な娘さんでした。
ということは今までの「何だこいつ」みたいな発言もみんな悪気はなかったんですね。
まあ悪気がなければ許される訳ではありませんが、天然だと知っていれば可愛くも思えるような。というか本人に確たる信念さえあれば誤解されやすい天然キャラは好物です。某どこかのツンデレ殿のように…!
この先、どういう風に運んでいくつもりかは分かりませんが、ちょっと期待してみたいです。淀は三成と並んで秀吉の行ったことの負の部分を不当に負わされている犠牲者ですから、少しくらいは見直されるべきだと思いますので。実際、通説とは違って本当の淀はおっとりとしたお姫様だったようですし。
…ただ、あえていうなら、そのおっとり感が罪だったのかもしれません。彼女の行動は、いつも気がついたら手遅れだった、みたいな印象があります。

殿をお迎えする前の菊姫が可愛い…!ベタな演出ですが、好物ですvvv
すっかり素直になって…ホロリ(感涙)。
変化に戸惑いつつも嬉しそうな景勝もいい…!
景勝と菊姫の夫婦がこのドラマにおける私的ベストカップルです!!愛い!

三成がまた一段階嫌な人になりました(涙)。
あれでは朝鮮出兵は諸大名の力を削ぐためと言わんばかり…。
だったら肝心な人が名護屋でお留守番したままデスヨ~。
う~ん、朝鮮出兵に始まる唐入り構想は信長の時代からあったもので、国内を平定したら順次取り掛かることに以前からなっていたんですけどね…。でもドラマや小説だと大体、「鶴松を失った悲しみを埋め合わせるかのように秀吉は朝鮮出兵を決めた」って表現するんですよね。いくら秀吉が決めたって、これだけの大事業を諸大名の理解なしに進められるわけないじゃないですか。国家的事業だったんですよ~。単純な領土欲以外にも、私貿易を認めない明に対する圧力をかけてアジア内の貿易ルートを確立しようとか、牢人対策とか、色んな意味合いがあったんですけどね…。昨今では『鶴松を失った秀吉による単なる暴挙』で片付けられてしまっていますが。

来週はいよいよ上地秀秋(まだ秀秋違う)が出てきますね!
どんなキャラ立てなのやら…。取り合えずぱっと見の印象は『人のいいバカ殿』って感じですが(苦笑)


以下拍手お返事

>最高に可愛い曹丕と三成でしたぁww

うをををん!最高にハートにビビっとくる褒め言葉、ありがとうございましたぁぁ!vvvvこれからも、ちまちま更新していきますので、また見に来てやって下さいませv

>伊庭策様

あ、その日程だったら時間的余裕さえあれば、展示してる博物館は滋賀県なので行けたかもですよ!…とはいえ関ヶ原に平泉まで回っていたら、そんな時間はなさそうですね。それにしても美味しい旅行ですね!羨ましいです!虎の穴は店舗ごとに取扱い商品が違いますので、もしかしたら扱ってないかも可能性も…(汗)。ありましたか?あったなら幸いなのですが!

>ふうこ様

ついに生えましたね!渋く貫禄もついて、これはこれで格好いいですよねvvvおねね様が悪役っぽいのは私も気になります。淀は意図的に新しい淀像を作ろうとしているのではないかと。頑張ってほしいところです。私は夏コミ原稿で(まだやってるのかよ!)ゲーム自体に触れていません…(泣)。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。