マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりそれはどうかと…

一昨日の天地人について、実は結構真面目に頭を悩ませてました。
景勝の遺書の内容ですが…あれは如何なものかと。
自分と精々家臣達までだけの話なら誇りを貫くのもいいんですが、一家臣を渡すか渡さないかに自国の全てを賭けられては…領民とってはいい迷惑ですぞ(汗)!
領民や土地のことより上杉の誇りが大事!っていうことならともかく、民や土地を守ることが一番大事!…みたいな結論に至ってたんじゃありませんでしたっけ…?
じゃあどうするんだ?って話ですが(それを悩んでました)、やっぱり兼続本人が言っていたように、いざという時は兼続の首で話をつける、という姿勢でよかったのでは。秀吉の誘いをしっかりと断った上でなら上杉家の結束の強さを示すことも出来きますし、上杉家の解体を望んでいるわけではない秀吉としても、それ以上無体な真似も出来ないでしょうし。
兼続だけを犠牲に出来るか!とか思ってのことだと思いますが…、いくら筆頭家老とはいえ当主の命とは比べ物にならんのですよ。この辺りを綺麗だけで語ってはいかんのですよ。綺麗ごとは現実を見据えて、打開策を打ち出せる人のみが語ることを許されるんだと思います。
理想で自国を滅ぼす当主と、汚い行為で国を守る当主となら、後者のほうがいい当主。
先週の「何があってもわしが責任を取る」って台詞聞いて「格好いい~!!」とキャーキャー言ってただけに、今週はショックでしたたい…。
現実を見ない誇りなんて埃以下ですぜ殿!いい加減にして下され脚本、監督!

…そもそも主の私書を勝手に見てしまう兼続もどうかと思うので、あんな遺書、出さなければよかったのに…。
ああでも、兼続みたいに「このようなお覚悟を持っていらしたなんて…」って感動されたかたもいますよね。その気持ちを否定するつもりはないです。もっと身軽な立場なら…例えば族の頭みたいな、頭に何かあっても被害を被るのは全て納得ずくでついてきている人たちだったら、ナンバーツーだけ死なせるわけにはいかない、俺たちの誇りを守るために全滅覚悟でやってやるぜ!な、頭の態度はすげえ格好いいって思えるんですが。

あと三成が暇請いを言い出したのがビックリでした。
初音を助けるため、いわば自分の有能さを盾にとって秀吉を脅したようなものですよね。よほどの自信あってのことだと思いますが、本当に暇出されたらどうするつもりだったのやら…(苦笑)。まあ、言い方ひとつとっても秀吉の興味を引くように計算してやってたぽいですから、勝算は十分にあったんだと思いますが。
…でも、石田三成というとどうしてもバカがつくほどの忠義の人ってイメージなので、取引のためとはいえ女一人(しかも妻子とかでなく思いを寄せている程度の)のためにお役目を放り出すような物言いされると違和感であります。
何かやっぱりこのドラマ、時代物じゃないですよね。
脚色の仕方が、いかにも現代ドラマ!(やたら恋バナ多いし)

…またしても文句ばかりで失礼致しました。
文句言いたいわけじゃないのに!もっと素直に楽しみたいのに!(切実)

ちなみに今回のお気に入りシーンは仙桃院様にせっつかれて立ち上がった景勝と兼続が、ぶつかりそうになったりしながらそそくさと立ち去るところです(地味だな!)。二人の微妙にずれた動きが味わい深くて顔がニマニマしてしまいました。…やっぱりこの二人、好きなんですよね…。


以下拍手お返事

>伊庭策様

テストお疲れ様でした!ちゃんと自重出来るなんて尊敬します。私はテスト前でもゲームの電源入れるような学生でした…。あんな交渉みたいな内容で鼻血ものなんて…それは三成への愛ですね!溢れんばかりの!追悼絵と告白の続きをアップしましたので、どうぞギャラリーのほうをご覧になって下さいませv

>月様

光栄なお言葉、ありがとうございますvv委託サイトのほうに見本誌を送りまして、只今扱ってもらえるかどうかの審査中です。通れば委託サイトで通販が可能になりますので、その際はよろしくお願い致しますv扱いが始まりましたらサイトのオフラインページに情報をアップしますので、今しばらくお待ち下さい。

>きよし峰子様

たまには曹丕も赤面すればいいのですよ!(笑)とはいえ、下手したら耳まで真っ赤になりかねない三成と違って「あれ?赤いかな?」程度なんでしょうが。申し訳ありませんがサイト通販は原則として行ってませんので、あらすじ読本については委託サイトでの本誌の通販のおまけとしてつけるくらいになってしまいます。サイト経由で直接となるとすぐにキャパを超えてしまいますので、ご理解頂けると嬉しいです。キャパが低くてすみません。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。