マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOEMON観ました

GOEMON、実は妙にやる気にGW中に観てました。
一応、金曜に一次のネタ出しを終えたので(次が月曜ですけどね!)、そろそろ語ってみようかなと。
最初は「どうかな~?」と首ひねりだったんですが、三成が出ていると聞き及びまして、
それだけで観に行った、相も変わらず単純な破弓です。
レッドクリフだって曹丕が出てたら仕事放り出してでも観に行くんですが(ザ、駄目人間)、
出ていないのは知っていますので、時間が出来てから観に行きます。
ネタ出し中に二本も観ている余裕はないのだよ…。

以下感想です。
大したネタバレはありませんが、内容に触れまくってるのは確かなので、
一応、折りたたんでおきまする。

※追記が異常に長いので拍手へのお返事は次回に!


公式HPを見ていたので三成が悪役なのは知っていましたが、あそこまで見てくれが冷徹な策士系悪役ならば、さぞ格好いい悪役ぶりを見せてくれるのではないかと期待していたんですが…
ちょっとアレじゃ小悪党レベルですね。
あそこは秀吉殺すべきですよね??何、生きてたからって狼狽してるんでしょう…
命令は出来ても、自らの手にかける気概はないってことでしょうか。
しかも責任を才蔵に押し付けて自分は知らん顔って…この小悪党め!
石田三成の名を冠する以上、悪役でも何でもとにかく自分の考えに信念と誇りは持ってほしいです。直前の、船が爆発していくのを背景にゆっくりと歩いていく様が格好よかっただけに余計に残念。
悪役は悪役で全然構わないので(悪役扱いのほうが見慣れてますから!)もっと徹底して冷徹な悪人であってほしかったです。でないと関ヶ原で兵を集められた意味が分からないですし。小悪党に力貸す人なんていないですよー。信念のある大悪人ならばカリスマで人心を惹き付けられますが。
もしかしてあれ、全部奥さんが集めた兵ですか…?だとしたら情けなさすぎますし…ていうか、そんな人が何を思って大一大万大吉を掲げているのか意味が分からないです。
せめて大一大万大吉は掲げないでほしかった…。
…ところで、関ヶ原で三成の隣にいた人ってもしかして左近??

秀吉の悪人ぶりも、あんな下衆っぽいんじゃなくて、魔王みたいな感じをもっと徹底してほしかったです。信長は神格化されてて、家康も次代を受け継ぐものとして綺麗にまとめる役どころなのに対して、秀吉だけが酷すぎまする…。まあ主人公が五右衛門なので、命を狙われる秀吉は悪人じゃないといけないのは分かるんですが、悪人なら悪人で、もっと信念を持った格好いい悪役であってほしいものです。主人公と敵対するという理由だけで、殺されても当然な下衆まで貶めるなんて底の浅い…。

五右衛門と才蔵の友情は、よかったです。忍びなのにあんな青臭い友情があるっていうのが、他ではありえないので、奇妙な友情スキーとしては堪能させて頂きました。才蔵の最期のシーンはちょっと泣きが入りましたよー!なる程!あれならば五右衛門の最期については記録上は一応史実通りになりますよね。才蔵は全体通して、いい味出してました。忍びとしては何かと甘すぎる人でしたが、そういうところが感情移入しやすかった気がします。

関ヶ原に乱入した五右衛門が4曹丕の武器を持った幸村に見えました(笑)
CGで大量生産された敵兵が塵芥のように吹き飛ばされていくところとか、まさしく無双!一騎当千すぎる!…この映画ってCG多用してて、強い人の強さが半端無いので、本当に無双ちっくです。BSR…ではないですね。あそこまででたらめじゃないですし(笑)あ、でもキャラ立てが極端という意味ではBSRよりかな…?でも敵兵の数が明らかに無双です。千人斬りとか余裕で出来そう。大坂城に乗り込んだ五右衛門が敵兵の只中に飛び込んで、一撃で大量の敵兵を吹き飛ばしたシーンは、無双のOPデモでよく見る感じでした。

さりげなく、ではなく、かなり極端にCGが多用されているので、全体的にゲームの世界っぽい印象を与える映画でした。パソのモニター画面やテレビ画面で見ると「ほわー綺麗!」と思ったシーンも、映画館の、特に座席数の多い大スクリーンで見ると不自然さが際立ちます。ちょっと「あーあ」って言いたくなるくらいに…。残念。
いかにもCG臭い画面は気になるかたは映画館で見るのは、お勧め出来ません…。
絶対小さい画面で見たほうが綺麗です!テレビでどうぞ!
アクションシーンはスピーディで見ごたえあったので、気にならないかたは、どうぞ大画面でお楽しみ下さいませ(何様?)。
…でもアクションシーンでもCG臭さが結構目に付いたんですが…(汗)
馬に乗って疾走するシーン…流石に厳しいですよね…。
レッドクリフに並ぶ!とか、レッドクリフを超えた映像美!とか煽り文句がありますが、いや…絶対レッドクリフのほうが上ですよ…徹底した本物主義に敵うレベルじゃないです…。CGに頼ったほうがいいところと、本物でやったほうがいいところとある筈なんですが、ちょっとCGにこだわりすぎたのが、いけなかったんじゃないかと…。

総合的に言うと、史実要素を抜きにしてもツッコミどころが異常に多い映画ですが、割と楽しめました。
酷いと言えば酷いし、面白いと言えば面白い作品です。人によってかなり評価は割れそうな…。
でも、この道で極めてくれれば、何作目かには素晴らしくいい作品が出来そうな気もしないでもないので、意欲的な実験作としては高評価つけてもいいと思います。日本映画って意欲的で挑戦的な作品少ないですし、頑張ってほしいな!
何様??って感じですが、文句が多いのも期待の表れということでお許し頂きたく…。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。