マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょ…っガッカリさせてくれるなよ!

新説!?日本ミステリー観てたんですよ。
いつも観てはいるんですが、今回は三成の話やるっていうんでワクワクしておりました。
大奥を作ったのは石田三成だった!?という、えらい奇説臭がプンプンする説だったんですが、三成の話、というだけで「まあいいや」と思ってたんですが、「石田三成公は実は生きていた」とか言い出しまして!「え?ちょ…っそれマジ??もっと詳しく聞かせんしゃい!(何処の人?)」と、ガッツリ食いついてしまいました。
…でもよくよく聞いてると言い伝えの域を越えないレベルでした。ショボーン。
その程度の伝説で生きてることになるなら、大概の人は実は生きてたって話になるっちゅーねん!もっと裏づけが欲しかったですね!お墓と所持品1点だけでは説得力ないですよ~。

でもですよ!ちょっとすごい偶然?がありました。
三成公の子孫のかたが出ていらしたんですが、丕と書いて「はじめ」と読むかたでした…!
なんだ、そのよく分からないけど、時空を越えんばかりの偶然は!
…ていうか『丕』って普通に日本人の名前につけていいんですね。知らなかった…!

そんなよく分からないところで萌えました(主旨が明らかに間違ってます)。
生きてた説的には青森から秋田の辺りで71歳まで生きたんだそうです。それで自分の孫娘を使って大奥の乗っ取りを企てた。っていう内容でした。
後半はともかく、実は生きてたっていうのが本当だったらいいのにな!
…でも、生きていたのに大坂の陣に何も関与してなかったっていうのは納得いかないので、やっぱりお亡くなりになってたんでいいんじゃないでしょうか?
采配のゆくえも、そこだけは気に食わないんですよね…。
EDの大坂城エピソード要らなくないですか?

※追記
あらあらちょっと、幸村の話も出てきましたよ…!
仲いいな!(そういう問題じゃない)
兼続の話も出てくればよかったのに~。


以下拍手お返事

>堀内様

あ、葡萄の飴のかたですか!飾ってよし、食べてよしな差し入れをどうもありがとうございますv新刊の感想もありがとうございますvvあのシーンは、たまには王子も心から安らいでもいいんじゃないかと思って描きました。勿論、三成の背中で、三成の声を聞きながらだからこそ!という前提ですが。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。