マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐和山旅行記

はい。今更ながらの佐和山旅行記です。
ゲスト原を上げた後、熱出してぶっ倒れた体力レスな私ですが(本当にね!)
何とかモニターに向かう元気くらいは出てきましたよ!(自慢にならん)

佐和山城跡

佐和山の麓には、このような分かりやすい看板が立ってます。
でも駅からの案内はない(苦)ので、行かれる方は事前に調べていかれたほうが無難!
彦根は井伊家のお膝元ですから、
下手な人に佐和山の名を出すと、地雷の可能性があります(涙)

石田屋敷跡

って、実はちょっと迷ったんですが(汗)、おかげでこのような場所を発見しました!
佐和山ハイキングコースには含まれてないので、迷わなかったら見られないところでしたよ。
なんて怪我の功名!ありがとう三成!
きっとアナタが呼んでくれたんだって(勝手に)思ってる!
…でもここ重要なポイントですから!コースに入れたって下さい!
場所は上記の看板がある小高い道を山に向かって
右方向に暫らく歩いていったところです(アバウト)。
佐和山遊園側にあるハイキングコース案内看板にだけ、地味に記載してありますが…
知らないで見たら凄絶に分かりにくいので、
いっそ古地図とか復元図(苦笑)を参考にするほうがいいかも…?
伝左近屋敷跡のお寺を基準にすれば、位置関係だけはなんとか…!(汗)
ところで、連載で三成屋敷と左近屋敷を曹丕や左近が行き来してるシーンを書いた私としては、これくらいの距離だったのか~とか思いながら、歩きましたとも!また上手い具合に三成屋敷から直で左近屋敷にたどり着けたので!
ありがとう左近!きっとアナタが~(ウザいので以下略)

清涼寺

で、ここが伝島左近屋敷跡の青涼寺。
観光客向けのお寺ではなかったので(看板とか案内とかお店とか何もない)
外からズームで撮りました。半端に気は遣ってみる。(本当に半端)
ひっそりとして名前の通りの印象のお寺でした。
それでもぬかりなく、ここで左近と伏犠が…と自家発電妄想に入ってみたり。
…とことんあったかい脳ミソですいません(汗)。


三成公坐像

そしてハイキングコース入口横にある石田三成公像。
木の看板が割れてるのが泣けます…ホロリ。
これ以前から割れてるようで(他のかたが取られた写真でも割れてました…)
直してあげて!(涙)
実は台座の向かって左側に説明書き(しかも結構熱のこもった紹介文)があるんですが、
道幅が丁度台座分くらいしかないので凄絶に読みにくかったです。
ていうかちょっと気づけない(事実同行してた友人は気づいてませんでした)。
これから行かれる方はスルーせぬよう気をつけて下さいませv

登山道

ハイキングコース?

いよいよ佐和山入山です!(随分かかったな!)
入口からしてこんな感じです。
案内板にはハイキングコースってあったけど…登山ですか?(汗)
その前にお寺の境内とお墓の間を通りぬけないといけなかったりして、
入りにくいことこの上なし。人を呼び込む気ゼロ…?
道は人一人分、場所によってはすぐ横が斜面だったりして、
うっかり転がり落ちたらシャレにならない感じです…。
一人で登るのは危険かと!
あと、平気で結構な斜面を上り下りさせられるんで、登山靴とまでは言いませんが
底がゴツゴツしてて滑りにくそうな靴にしないと厳しいかもです。
特に我々が行った時は雨上がりだったのでハラハラでした。
頑張ってペンギン歩きで乗り切りましたが!

佐和山城本丸跡

困難(山登りに慣れてれば困難というほどもない)を萌えの心で乗り越えて!
たどり着きました山頂!本丸跡!

佐和山城地図

そして風化しまくった哀れを誘う佐和山城地図が!
なんていうかこう…壮大なお城ですよね…。その場にいても想像力が追いつかない。
のは私がヘタレなだけでしょうか。
友人には「こうして琵琶湖を臨むとさ…見えるよね」と真顔で言われました。
う~ん破弓さん、要修業ですぞ!(何の?妄想力の?)

佐和山より琵琶湖と彦根城を臨む

折角?なので琵琶湖と彦根城を臨んでみました。
当時はもっと琵琶湖が手前まで広がってたんですよね。
とりあえず「タイムマシンで何処か一箇所見にいけるとしたら何処がいい?」と聞かれたら
「三成が普請をした後の佐和山城!」って答えるよね!
というのは友人と満場一致で決定。

石垣

う~ん…とても分かりにくいんですが、中央にある石が当時の石垣らしいんですよ。
佐和山城はすべて取り壊され、土台ごと削り取り(山の形が変わるほどだったとか)
運び去られたので往時を偲べるものはこの石だけだとか…。
ううう…寂しい限り。

千貫井戸

ここが城中の水をまかなっていたという井戸です。
本丸からでもやや下ったところにあるので、水汲み仕事は大変だったでしょうね。
それを考えると当時は湯殿なんて贅沢中の贅沢だったっていうのがよく分かります。
きっと三成達も基本は風呂だったに違いないと!
聚楽第には湯殿があったらしいんですけどね(さすが天皇家を接待する時に使った豪華施設!)。

で、その後は女郎谷(落城時、追い詰められた女子供が身を投げた谷…だそうです)を
見てから降りました。以上が佐和山ハイキング?コースです。
このコース取りで出たところに先程言った石田三成屋敷の記載された地図があります。

実は降りた先にある意味衝撃的なものがあったんですが…
これ以上は長くなりすぎなのでまた後日!(日記でひくなよ!)


以下拍手お返事

>日記でアップされている瀬戸内?、どなたの~のかた

それがですね…その本は発行延期になってしまったそうで(ガーン…)。今の段階ではいつ発行かはっきりしないらしいのでゲスト先は伏せさせて頂きます。興味を持って下さってとても嬉しいんですが、お応えできず申し訳ありません(平伏)。発行後に載せられそうだったらブログに載せますね!

>壱華様

へえぇ~あの7マリーアントワネットもですか!彼女の話は海外にも伝わってるっていうのは知ってましたが、それ程とは知りませんでした。情報ありがとうございますv戦国3でもガラシャは大丈夫!だと私は勝手に思ってます(何を勝手に)。だって彼女人気ありますし!(超楽観)確かに他キャラとの絡みが少ないという意味では少々気になりますが…でも新キャラ増えるくらいですからきっと大丈夫…多分…。確かに死亡EDになる可能性もありますしね、あああ…何だか心配になってきました…!

>こっこ様

食いついて頂けて嬉しいです~vアニキは小さい上に後ろ姿ですが(汗)。おお…!こっこさんも元就スキーさんですか!同志。…と呼ばせて下さい!ツンもツンデレもいいですよね~vv可愛い子も!(幅が広すぎですぞ!)BSRは基本、読み専なんですが、また何かの機会があれば描きたいと思ってますv



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。