マンガ家と犬

無名マンガ家と愛犬のヘタレな日常。 ランダムにオタク語りが入りますので、苦手なかたは閲覧をお控え願います。               メーカーや出版社とは一切関係ない完全な個人趣味ブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調べてみました

やっと去年(死)の仕事が終わりました~。軽く向こうの世界が見えかけました…よ?
体がふわふわ~ってなって、魂だけ抜けていきそうな奇妙な浮遊感を体感。
ひょっとしてやヴぁかった?病み上がりに徹夜なんかするから…。

熱は引いても体中が痛だるいので原稿はろくにできない。でももう寝ているのも飽きた~。
と、思って2日あたりはちょっとずつ仕事しながらも、ちょろっとご先祖様のことなど調べてみました。
今までは全く気にしてなったんですが、(字面も去年、秀吉の研究本見て初めて知ったくらい←それは気にしなさすぎでは…)熊谷さんのご子孫というかたがスペースにいらした、という話を売り子から聞いた時から「ああそういえばうちのご先祖はどんな人だったんだろう」と、やっと(本当にやっと)思ったのですよ。
はっきり言ってしまえば、思った、というより思い出した、と言った方が正しいです(死)。
申し訳ございませぬご先祖様!

いや~インターネットって便利ですね!(何を今更)
本だと前にも書きましたが、秀吉の生涯を詳しく載せてるような本に数行でてくるだけなのに、検索したら普通にウィキペディアに載ってた!
今川義元の家臣で、桶狭間のあと家康に仕えて、のちに秀吉に召し出されたそうです。
一番気になった点、そうそれは関ヶ原では東と西にどちらだったのか!(そこですか)
…と思ったら、ご当人は関ヶ原の二年前に没。考えてみたら仕えていた秀吉が死んでるんだから当たり前といえば当たり前。

じゃあ長男はどっちに!
と、思って長男も項目があったので(便利だぞウィキペディア!)調べてみたら東軍でした…。
しかも関ヶ原では石田三成隊と交戦とか、大阪の陣で活躍し多くの首級を上げた、とか書いてある…!
ヒイイ…申し訳ない!
家康に仕えていたこともある父親ならともかく、長男は秀吉・秀次に仕えたれっきとした豊臣の家臣なのに!
三成にも幸村にも申し訳が立たない!(申し訳が立たないのは三成と幸村に対してなんだ…)
今までは「先祖が何してようが関係ないでしょや~」と思ってたんですが、いざこういう話を知ると結構「申し訳ない」と本当に思うものなんだと実感ですよ~。はにゃ~。

でも待てよ!まだ長男の血筋とは決まってないじゃないか!
と思い母親に(母方のご先祖なのです。父方の家系は出自不明)聞いてみたら「三男の家系よ」とのこと。
…ああ、よかった…(安堵)。
これで心置きなく萌えられる!(それはどうよ)
いや待てよ!三男は関ヶ原の時何をしていたんだろう!兄に従って従軍してた可能性もあるぞ!
更に母に聞いてみるが、その点は分からないとのこと…ちえ。
ただ江戸幕府が開かれるとすぐに江戸に来て、江戸で家を興したそうなのであまり関係はなさそげな気も…する。
それにしても兄貴は大阪の陣に参戦してるのに、弟はとっとと新天地に行ってしまっているとは…。まあ武家の三男坊じゃ家にいても望みはないし仕方ないのか。
とはいえ、もう少し歴史を目撃しろよご先祖!(笑)

ちなみに長男以外にも末娘も記録に残ってました。
柳生家に嫁いで十兵衛三厳を産んじゃってますよ…!
おおお…!我がご先祖は地味に(失礼)歴史の中で根を張っておられた!
破弓に連なる三男は名も残ってないけどね!(吐血)

この話には後日談がありますが、長くなるのでまたその内に。
こういう話ってさらりと聞く分には興味深いですが、長いとウザイですもんね。(十分長いよ)


以下拍手返事

>あけましておめでとうございます。さりげなく二人の羽子板の文字に笑いました。

ふふふ~(不気味ぞ)こういう「気づいた人だけニヤリとしてみてねv」的な小ネタ大好きなんですよ~♪気づいて下さりありがとうございます。今年もよろしくお願いしますv

>これからも三成よろしくお願いします☆

はい、お殿様は私が必ず幸せにします!(お嬢様にかけてみましたが、なんだかバカにしているように聞こえるのは何故でしょう…)あと頼まれていなくても勝手に王子様もよろしくするつもりですので、どうぞよろしくです(何ソレ)。

>連載の続き楽しみにしてますvv

ありがとうございます~vそうおっしゃって頂けるとやる気満タンになりますよ~!よし、さっそく今から打ってきます!(単純)

>紅様

連載の感想、どうもありがとうございます~v今年もよろしくお願いします!
あそこは本人そういうつもりでやっているので色気感じて下さってオッケーなのですよ!むしろ是非感じてやって下さい(笑)プライドの高い人ですから。三成も流石に情けないと思われるのでは?と思ったんですが、そう感じて頂けて嬉しいですvこれからも頑張りますので、不器用な二人をゆるりと見守ってやって下さい。

>琴吹様

あわわわ~そんな、日参なんてもったいのうござりまする!こちらこそネット繋げる度に窺わさせて頂いております。新たなサイトを開かれて大変だとは思いますが、楽しみにしていますので丕三のほうも頑張って下さい!(プレッシャーでしたらすいません!)
連載のほうは大丈夫ですよ!この辺りが谷(二人の間のトゲトゲしさの)だと思いますので。まったり見守ってやって下さいませ。
それでは今年もよろしくお願い致しますv

>みこみこ様

そう言って頂けると一念発起して作ったかいがあります~v嬉しいですvvこちらこそありがとうございます!私もゲスト様方のページは何回も読み返していますよ!今年もよろしくお願いします!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

破弓翔

  • Author:破弓翔
  • 初対面の人にPNを言って「知ってますよ」と一度も言われたことのない無名マンガ家。

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。